読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの手帖

思いついたことを手帳のように書くブログ

ジョブチェンジ

f:id:yamasan0521:20161114144946j:plain

田舎で仕事を辞めるということ。

 

4月に引越しました。引越しの理由として障害を持つ我が子の支援。「田舎の小規模校が対応が柔軟」という理由でした。ご縁にも恵まれて、新しい土地で子供の同じ障害を持つ成人のかたと知り合う機会ができました。

先日、そのかたとお話をしていましたら

 

「田舎で働くということは、難しいです。

事情があって仕事を辞めなければならなくなって辞める。でも、問題は再就職のときなんですよ。小さな田舎町だし、あの人はあそこを辞めた…・あいつは障害者だって話はすぐに広がるんですよ。そうなると再就職と再就職先の人間関係にも影響が出るんです。悲しいけれど。

働きに出たくても、働けない。都会だとそんなこと気にせず、職場と合わなければ辞めるって選択肢もあるだろうけれど、田舎の規模によっては【仕事を辞める】てこと自体が、今後の影響が大き過ぎて下手に働けない…。

そして、辞めるに辞められない。【逃げればいい】って言うけれど、逃げた先でまた追い詰められる。田舎には逃げ場がない…って現実もあるんですよね。」

 

こういう話は以前から耳します。何度聞いても胸が詰まる話です。

 

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ