わたしの手帖

思いついたことを手帳のように書くブログ

正しさがない感じがよろしい

f:id:yamasan0521:20170709121905j:plain

人が珈琲を淹れている様子を見るのが好きです。

 

 

珈琲も淹れ方が色々あるようで、ペーパー(紙)やネル(ネル生地)色々あるようで面白いです。夫が色々な店の豆を買ってきては飲み比べをするようになり、若干の味音痴な私も「あれ?これどこの豆?」と、気がつくほど豆で珈琲の味が違います。焙煎の深煎り浅煎りで違いはあれど、同じ深煎りでも、味は全くの別物です。

豆の本来のフルーティさを残したいお店の珈琲もあり、「酸っぱ過ぎる!」という人もいれば「本来の珈琲ぽくていいね。」と意見が分かれます。中にはお茶みたいな味の苦味が苦手な私でもスーーーッと飲みやすい珈琲などもあり…。

 珈琲の淹れ方も色々あるように、豆も色々。そしてお店のこだわりも色々で面白い。正解のない感じが、珈琲の面白さと魅力でいいなと思いました。

 

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ